経済的にヨガのレッスンが難しい方へ【日】

ヨガのクラスを定期的に受けたくても、経済的に本当に難しい、きつい・・・・、という方もいますよね。

私もカナダに住んでいたダンサー時代は(今も細々と踊っていますが)、ダンスのクラスもヨガのクラスも生活もと・・・・、金銭的に難しい時がありました。そんな時、PWYC( =Pay What You Can)システムがあるヨガのスタジオに出会い、助かったことがあります。

PWYCというのは、自分の受けたサービス等のものに、対価をいくら払うのか自分で決められる、というシステムです。ほとんどの場合、サジェスチョン金額(大体この位払ってください)が設定してあり、経済的な余裕がある人は、多く払い、そうでない人は、自分の経済的な状況からそれなりに払える分は払う、という具合です。

Rainbow Yoga Tokyo for Menでも、ハタヨガクラスにPWYCを設けました。

サジェスチョン金額は、500円から1500円。

あくまでもこれはサジェスチョンなので、これでも厳しいという方は、ご自分で決めてお支払いください。No worries! 大丈夫ですよ。もし経済的な状況が改善したら、その時から正規のレッスン料でクラスを受けに来てください。

Rainbow Yoga Tokyo for Menでは、信頼・寛容・共同という言葉に根付いて活動していきたいと思っています。

ヨガを受けたくても、経済的に無理だからという人を、放っておくわけにはいきませんよね。一方で、Rainbow Yoga Tokyoの活動を経済的に持続させるために、サジェスチョン額は設けさせてもらいました。

ご一報ください。そして、是非お越しください!

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中